ランディングページを作成するメリットについて

オンラインショップへ誘導

ネット広告は、企業が商品を宣伝していく上で重要な役割を担っている宣伝手法の一つです。 ネットでサイトを閲覧しているユーザーがネット広告を見てクリックをしますと、ランディングページやオンラインショップへ誘導されるようになっています。 ランディングページは、商品の概要などをまとめているページであり、作成するメリットは、一ページで情報を確認することが出来ることです。 ランディングページ自体が一つの広告として見ることができ、ページを見たユーザーは商品の概要を知った上でオンラインショップや申し込みフォームがあるページへ移動して商品を購入することになります。 ポータルサイトなどの情報サイトで宣伝手法の一つとして採用されているケースが多いです。

アクセシビリティが下がってしまう

ランディングページを作成するメリットは、リスティング広告に有効なため、サービスを紹介することで消費者に商品に興味を持ってもらうことです。 一方で、デメリットは、情報サイトの移動時にランディングページを設定すると、情報サイトを使っている人には一ページ余分にアクセスする手間が増えてしまいますので、情報サイトの利便性に影響が出るということです。 ランディングページを挿入する時には、ユーザーの利便性を考慮することが大切であり、不必要に挿入するとアクセシビリティが下がってしまうので注意が必要です。 ネット広告とランディングページを連携させることで、消費者の購買意欲を増すことが可能であり、商品をより多くの人々に買ってもらう機会を作り出すことが出来ます。